ショッピングカートを見る
ピックアップ商品
商品検索

ショップ情報
switch
店舗の情報になります。 ご来店の際にチェックしてみて下さい。
rss atom
chahat ビレッジレザー 財布
【商品紹介】ビレッジレザーで出来たchahatのウォレット。 ボタンを開けるとポケット3つがアコーディオンのように開いていく財布です。 コインを分けて収納しておくことも可能で お札は畳んで入れておけます。 真ん中のポケット内には キーリングが付いています。 【ビレッジレザーについて】 水牛の皮を使って作られるビレッジレザーはネパールの首都カトマンドゥから車で7時間くらいにあるヒマラヤの山奥の小さな村で作られています。ビレッジレザーを作る方法は村に古くからある手法ではなく2、30年前にボランティアでネパールを訪れたヨーロッパの人から伝わったものと言われています。今では「村にある材料で農業の合間に出来るの」として村に浸透し農業の端境期の大切な収入になっています。材料、製法はとてもシンプルです。食べた後の水牛の皮を使い、山で取れる葉、枝などで鞣していく。およそ2ヶ月と時間はかかりますが、化学薬品を一切使うことなく、ゆっくりゆっくり原革を革へと変えてゆきます。こんなワイルドな作られ方で出来上がる革はもちろん!革の表面が汚れていたり、穴があいたり、革の色、厚さ、固さがいつも違います。同じものは1つもなくあたたかな、そして素朴な魅力があります。 【chahat】 chahatは工場製品には絶対にだせないこの革の魅力に魅せられて革製品を作り20年になります。毎回ちがう表情の革に悩まされながらも、次々新しい課題を投げかけてくれるその感じが今ではなんとも楽しくなっています。 また、村の人たちとのやりとりも一筋縄ではいきません。農繁期には革を作らなかったり、お祭りの前にはたくさん作ったり!安定した生産は全く見込めません.....それでも、素朴で素敵な村の人たち、そしてその彼らが作る革をこよなく愛するchahatはこれからも長〜い目でじっくりとビレッジレザーを見守り、もの作りに繋げていきたいと思います。 【お手入れ】 ビレッジレザーはオイルが染み込ませてありますが、かさついて来たら革用のクリームを塗って下さい。その含んでいるオイルが多いとお財布の中に入っている紙にオイルが染み込むこともありますのでご注意下さい。また、寒いと白い粉が表面に浮き出してくることがあります。これは革にしみ込ませてあるオイルが固化したものです。ドライヤーやストーブで温めて柔らかい布などで拭き取るとなくなります。

・ 販売価格

3,888円(内税)

・ 購入数
・ 色
・ サイズ